赤いドレスの女性

声優への階段を駆け上りましょう|オーディション合格を目指そう

モデルの種類と違い

女の人

最近では正規のモデル以外にも読者モデルといったジャンルの職業が人気を博しています。読者モデルとは学生や社会人で他の仕事をしていても、休みなどの暇な時にモデルの仕事をすることができます。しかしスタジオまでの交通費や食費などは自己負担しなければならないので注意しましょう。読者モデルは基本的に雑誌で募集されているので、挑戦してみたい方は雑誌に掲載されている事務所に問い合わなければなりません。読者モデルのお給料は正規のモデルよりも少なく、衣装代なども全て自己負担しなければならないので副業には向いていません。しかし、知名度があがり人気がでるようになれば仕事が舞い込むようになるので、その分給与も増えてきます。プロのモデルの場合は事務所などに在籍しなくてはならず、マネージャーが見つけてきたオーディションを受けなければいけません。オーディションに合格すると有名雑誌の表紙を飾ることもできます。自分のしたいことが限られてしまうので、マネージャーなどの考えと合わないといったことが生じてしまいます。反対に読者モデルは好きな服装で自由に自分の個性を活かして活動できるので、楽しくお仕事することができます。読者モデルになるためにはビジュアル以外にもセンスや表現力、独自の個性が必要になってくるので、日頃から自分のセンスを磨いておくといいでしょう。読者モデルに憧れている人が多いほどライバルは増えていきます。常にアンテナを貼り特出したセンスを見いだすことができれば読者モデルに合格できるかもしれません。